産後に激太り!ママでもキレイになりたい!糖質制限で-6kg痩せたダイエットのやり方は?

第二子を出産後、産後の激太りしてしまった私。なんとか痩せなければ!焦りました。

食事を減らしてもなかなか痩せない現実…..脇肉ぶよぶよ、足はパンパン、顔もむくんで自分が嫌になりました。

子供を出産してもきれいになりたい!!

そう決意してから真剣にダイエットに取り組みました。

運動は、小さな子どもがいて、何時間も一人でウォーキングするのは難しい。夜中に赤ちゃん置いて出かけるのは現実的ではありませんでした。

がっつり運動はできないので、まずは食事を見直して糖質制限ダイエットをすることからはじめました。

炭水化物中心の食生活から

お肉、お魚、野菜、大豆製品、卵などを中心に食べるようになってから1ヶ月。

毎月一キロずつ、自然に痩せることができました。

2017年の2月から糖質制限をはじめてから半年が経ちました。

結果はなんと、身長155cmの52.3kgから46kgに痩せました!

糖質制限ダイエットのおかげで-6kgも体重が減りました~~!

糖質制限をスタートさせて二週間ぐらいまでは、なかなか体重が落ちなかったのですが一か月後に1kgぐらいづつ落ちていきました。

徐々に痩せていく、理想的な痩せ方だと思います♪

当ブログ[糖質制限ダイエットで6キロ痩せたママのブログ]では、

糖質制限のやり方や、疑問点、糖質についての知識などをご紹介していくブログです。

これから糖質制限をはじめようと思ってる方、産後太りで悩んでいるママへお役にたてればうれしいです!

そもそも糖質って?

人間の体を維持する三大栄養素としてよく「炭水化物・タンパク質・脂質」があげられますが、糖質とは炭水化物から食物繊維を引いたものです。

計算式
糖質=炭水化物-食物繊維

糖質は体に入ると消化・吸収され血液中のブドウ糖になります。

このブドウ糖は血糖とよばれ、血糖値をあげるものが糖質になります。

たんぱく質・脂質は血糖値を上昇させることがないため、糖質制限ではメインの食材によく使われています。

糖質の種類について

糖質とは
①単糖類
②二糖類
③多糖類(でんぷん・オリゴ糖・デキストリン)
自然界に存在する人工甘味料
④糖アルコール(エリスリトール・キシリトール・ソルビトール・マルチトール・ラクチトール)

⑤人工的に作り出された合成甘味料(アセスルファムカリウム・アスパルテーム・ネオテーム・スクラロース・サッカリン)

合成甘味料は一日に摂っても良い総量規制があります。安全面で一番よいのがエリスリトール。ラカントSなどが有名ですね。

ただし体質により合う合わないがあります。実は管理人はエリスリトールはお腹を下します。

キシリトールなんかもだめですね。お腹がゆるくなり腹痛になってしまいます。

体質に合えば、糖質制限食に使えますので心強い味方になりますね。

糖質を制限するとうれしい効果がたくさん!

人の体にはエネルギー源として脂質があります。実はこの脂質。

日常生活の大切なエネルギー源になります。糖質よりも脂質のほうが体にエネルギーをストックできるのです。

糖質はほんの少ししかエネルギーを蓄えられないのです。
糖質を摂ることにより血糖値が上昇しインスリンが大量に出され生活習慣病の原因を引き起こします。

スポンサーリンク

インスリンは筋肉にエネルギー源を取り込みますが、その一方で中性脂肪に変えてしまいます。

代謝も乱れますし、過剰な糖質の摂りすぎにより体に負担がかかり疲弊します。

肥満解消・糖尿病予防・改善・生活習慣病・片頭痛・アレルギー・動脈硬化・肌荒れ・心筋梗塞のリスク低下・・いいことばかりです!

体調の変化は?

管理人はハウスダストやカビアレルギー・ダニなどたくさんのアレルギー持ちですが、糖質制限をはじめたら症状がかなり軽くなりました!

体重減少だけでなく、肌荒れにも効果があります。

がさついていたお肌が最近は調子がよく、ぶつぶつもおさまってきました。

糖質を摂る生活の時には吹き出物がひどかったり、頭に湿疹ができてかゆかったり・・イライラしがちだったり、体と心にかなり影響して体調もよくありませんでした。

糖質制限をしてからだんだんと体調も落ち着いてきて体がとにかく軽く感じます!

いきなりマイナス4キロやせたわけではなく緩やかに痩せていったので体調がおかしくなることもありませんでしたし、どんどん動きやすくなってきて体力もアップしてきました。

具体的にどんな生活をしているの?

ゆりっくまは、主食を3食抜いています。いわゆるスーパー糖質制限と呼ばれるものです。

スーパー糖質制限とは、3食主食抜き
スタンダード糖質制限とは、2食主食抜き
プチ糖質制限とは、1食のみ主食抜き

その代わりにプラス1~2品多めに食べるようにしています。チーズ、ゆでたまご、納豆をプラスしてみたり、たんぱく質を補給します。

食べ方は野菜から食べ始めて血糖値をいきなり上げないようにしています。次におかず、最後に糖質多めの食材を摂ります。

フルーツは私は少しだけいただいています。我慢だけでも続かないので息抜きも必要ですしね。

間食は、糖質たっぷりのチョコ、アイス・ポテトチップスなどの嗜好品は一切摂らないようにしています。

もちろん初期のころは誘惑に負けそうになりました。が、不思議と糖質制限してしばらく経つと体が順応してきて砂糖の誘惑に負けなくなるんです。

基本的には菓子パン・パスタ・お米・うどんは厳禁です。

サラダにかけるドレッシングは市販のものは糖質が少ないものかまたはマヨネーズのみつけます。

意外とおいしいですよ!粉チーズをかけたりベーコンをたしてみたりしてなるべくたんぱく質量をあげます。ゆで大豆なんかもGOODですね。

例外として、月に1回の外食時やお付き合いの会食などでは糖質制限していません。人の付き合いもありますし、TPOに合わせて食事をするように心がけています。 

お腹がへってしまったらナッツ・チーズ・するめいか・野菜スープ・無調整豆乳などの糖質の少ないものを食べています。

アーモンドミルクを飲んだり、おからでスイーツを作ってみたりしています。コンビニでしたら、サラダチキンやプロセスチーズ、ローソンのブランパンシリーズも低糖質なのでおすすめですよ!

無理なく続けよう

きつきつの糖質制限してもOKなんですが、まずはじめはゆるく始めることをおすすめします。

夕飯だけごはん抜きにする、お菓子を減らしてみるなどです。ハードルを上げすぎてリバウンドしたり挫折してしまうよりは、無理なく続けよう。

まとめ

糖質制限ダイエットをしたら、産後太りで悩んでいた私でもマイナス6キロ痩せられて、現在でも体重を維持できました。

糖質を摂る生活の時にはとにかく疲れやすい、だるい、イライラするなどの不快な症状に悩まされていましたがいまはほとんど疲れませんし、元気に毎日を過ごしています。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする